奄美 観光スポット

施設

北部方面

【北部方面】施設 【北部方面】歴史・文化 龍郷町 観光

りゅうがく館

明治維新の立役者と知られる鹿児島の偉人・西郷隆盛は奄美大島の龍郷町に約3年ほど暮らしておりました。 奄美大島の龍郷町は「西郷隆盛のゆかりの地」として知られており、現在も西郷さんにまつわる様々なものが残されております。 今回ご紹介する『りゅうがく館』にも他では見ることのできない貴重なものが展示しており、西郷隆盛ファンのみならず歴史に興味のある方にはぜひ訪れていただきたいスポットです。 りゅうがく館は奄美空港から車で約20分ほどの場所、空港から名瀬方面へ車を走らせた龍郷町役場前の三叉路にあります。 りゅうがく ...

【北部方面】施設 【北部方面】歴史・文化 笠利町 観光

奄美パーク

奄美の観光拠点施設『奄美パーク』 奄美パークは2001年、旧奄美空港跡地に開園された施設で、奄美空港から車で約5分の場所にあります。 園内には『奄美の郷』と『田中一村記念美術館』の2つの施設と奄美パーク周辺を一望できる展望台があります。 目次1 展望台2 奄美の郷2.1 総合展示ホール2.2 奄美シアター2.3 アイランドインフォメーション3 田中一村記念美術館4 奄美パークへの行き方5 奄美パークへバスで行く場合 展望台 画像素材:PIXTA 奄美パークにある展望台では、園内の全貌を眺めることができ、近 ...

【北部方面】施設 【北部方面】歴史・文化 笠利町 観光

宇宿貝塚史跡公園

奄美空港より車で約5分。あやまる岬方面へ向かう途中左手に建つ、宇宿うしゅく貝塚史跡公園。 ここは、昭和8年京都大学の三宅博士によって発見された宇宿貝塚のある場所。 1986年(昭和61年)奄美初の国指定文化財となった宇宿貝塚史跡は現在は『宇宿貝塚史跡公園』として整備され、建物内には発掘調査の跡がそのまま残されています。 宇宿貝塚は縄文時代前期から中世にいたる複合遺跡で、縄文時代晩期終末頃の竪穴住居跡や土器、石器、骨角器、中世の埋葬跡などが発掘されました。 館内は遺跡から推測される当時の生活様式をパネルでわ ...

【北部方面】施設 【北部方面】歴史・文化 笠利町 観光

田中一村記念美術館

田中一村記念美術館は、晩年を奄美で過ごし、奄美の自然を描いた日本画家・田中一村のコレクションを常設展示している美術館です。 高倉をイメージした独創的な建物の中には、一村の東京時代・千葉時代・奄美大島時代の作品約80点(年4回展示替え)が展示してあり、奄美の植物や動物などを、独特の世界観で描き続けた田中一村の画業に触れることができます。 田中一村記の作品を観ることができる『常時展示室』は有料となっておりますが、館内には奄美の芸術家の作品を展示した『企画展示室』、「孤高の画家 田中一村」を上映している『ガイダ ...

【北部方面】施設 笠利町 観光

原ハブ屋

原ハブ屋は1948年創業以来、親子三代に渡り、古くから「富をもたらす縁起物」として親しまれてきたハブの加工品の制作・販売をしているお店。 目次1 原ハブ屋2 ハブと愛まショー3 原ハブ屋(名瀬店)4 原ハブ屋への行き方5 原ハブ屋へバスで行く場合 原ハブ屋 代々受け継がれてきた技法に基づいた制作は全ての工程を手作業で行い、今現在でも自分達の手で加工できる量のみのハブを扱い加工制作を行っております。 店内ではハブを加工して制作したオリジナルアクセサリーや雑貨などを販売し、島民や観光客から広く親しまれておりま ...

【北部方面】施設 笠利町 観光

大島紬美術館・大島紬資料館

奄美空港から車で名瀬方面へ走らせること約7分。 奄美リゾートホテルティダムーンには奄美大島の伝統工芸品である本場大島紬を展示している『大島紬美術館』と大島紬の歴史や大島紬の工程を見学できる『大島紬資料館』があります。 貴重で高価な大島紬が多数展示されており、着物ファンのみならず芸術に興味のある方には足を運んでいただきたい、満足いただける施設となっております。 目次1 大島紬美術館2 大島紬資料館3 大島紬美術館・大島紬資料館への行き方4 大島紬美術館・大島紬資料館へバスで行く場合 大島紬美術館 出典:ホテ ...

【北部方面】施設 【北部方面】歴史・文化 笠利町 観光

ケンムン村

奄美空港から車で約10分ほどの場所に雨の日でも奄美を感じることのできるスポットがあります。 奄美空港から名瀬方面へ向かう途中、笠利町にある用安海岸側『リゾートホテルばしゃ山村』に併設された観光施設『ケンムン村』 ケンムン村は、島唄体験や塩作り体験・お菓子作り・陶芸など島にまつわる体験を楽しむことができます。 ちなみに「ケンムン」とは、奄美群島に伝わる妖怪で、奄美大島にはたくさんの伝説があります。 容姿は河童に似ており、ガジュマルの木を住処とし、「木の精霊」とも言われております。 そんなケンムンが皆様のご来 ...

中心部方面

【中心部方面】施設 お土産 住用町 アクティビティ

奄美市木工工芸センター

奄美市住用の国道58号線沿いにある『奄美市木工工芸センター』 こちらの施設は、公益社団法人 日本クラフトデザイン協会会員でもある、惠原佑光さんが奄美の自然で育った木材を使用し、製作した小物から木工家具などを展示・販売しております。 惠原さんが製作する奄美産のリュウキュウマツなどを使った木工芸品は洗練されたデザインで、木の特徴を活かした素敵なモノが並んでおります。 奄美市木工工芸センターでは、展示・販売だけでなく、施設の木工機械や道具を使ってオリジナルの作品を作り上げることも可能です。 木材製作が初めての方 ...

【中心部方面】施設 【中心部方面】歴史・文化 名瀬 観光

奄美博物館

奄美群島の自然・歴史・文化を理解するための調査研究、資料収集保存、資料展示公開、教育普及の拠点的施設として昭和62年(1987年)に開館。 奄美の文化は、日本文化を基盤としながらも、琉球国統治時代には琉球文化の影響を受け、薩摩藩統治時代には鹿児島文化の影響も強く受けながら醸成された独特のもの。 奄美と沖縄の違いを意識しながら観覧すると一層楽しめる施設となっております。 出典:© Amami City 出典:© Amami City 出典:© Amami City 1階展示室は「黒潮に育まれた奄美」と題し、 ...

南部方面

【南部方面】施設 瀬戸内町 観光

せとうち海の駅

奄美大島南部・瀬戸内町古仁屋こにやの港にある観光案内所やフェリー乗り場を併設する施設・『せとうち海の駅』。 加計呂麻島かけろまじまや請島うけじまけ・与路島よろじまなどへ訪れる際は、せとうち海の駅を目指しお越しください。 せとうち海の駅は、フェリーの切符売場のほか、新鮮な海の幸を味わうことのできるレストランなどがあります。 1階フロアには観光スポットや宿泊先・食事処の情報を収集することができる瀬戸内町観光案内所や、瀬戸内町の美しい海中をたのしむことのできる水中観光船「せと」のチケット売り場、瀬戸内町の漁協が ...

【南部方面】施設 大和村 観光

奄美野生生物保護センター

奄美群島の生き物や自然を深く知る上で、ぜひ訪れて欲しい施設『奄美野生生物保護センター』 奄美野生生物保護センターは奄美群島に生息する生き物や自然を保護するために設立された環境省の施設です。 場所は奄美空港から車で約75分、大和村の思勝集落にあります。 奄美野生生物保護センターはアマミノクロウサギなどの希少な野生生物に関する調査・研究、外来種などの駆除作業を行っており、当施設では奄美群島の生き物や自然について様々な資料や展示物で紹介しております。 また、奄美野生生物保護センターは「奄美・琉球」の世界遺産登録 ...

【南部方面】施設 瀬戸内町 観光

水中観光船せと

奄美大島の旅行に行ったら、海を満喫したい!!と多くの観光客が思うはず。 奄美大島にはダイビングやシュノーケルなど海を楽しむいろんなアクティビティ がありますが、もっと気軽に奄美の海を満喫できる、半潜水艦に乗って海中散策はいかが? ダイビングやシュノーケルなど一歩引いちゃうあなたも気軽に海中散歩を楽しむことができます。 しかも、半潜水艦なので、着替えたり服装が濡れる心配もありません。寒い冬だって楽しめちゃう! 奄美大島と加計呂麻島に挟まれた大島海峡は、美しいリアス式海岸と200種ともいわれる多種多様なサンゴ ...

【南部方面】施設 瀬戸内町 観光

瀬戸内町きゅら島交流館

瀬戸内町にある『きゅら島交流館』は通常、学習施設として利用されていますが、観光客向けのエントランスも設置しております。 きゅら島交流館正面には、ガジュマルの樹にアマミノクロウサギとルリカケスが集まる造形物もあり、記念撮影スポットとしても人気。 また、瀬戸内町きゅら島交流館の正面入り口横に瀬戸内町の観光名所などの情報案内看板も設置されているので、瀬戸内町観光に迷った方はぜひ立ち寄って参考にしてください。 施設内には「きゅら島カフェ」というカフェもあります。 瀬戸内町きゅら島交流館への行き方 Google M ...

-奄美 観光スポット
-

© 2020 奄美旅