【PR】奄美北部で唯一船でしか行けない秘境のビーチで1日遊ぼう‼️

【PR】1組貸切限定ツアー!!シュノーケリング体験

isola blue banner.

【PR】穏やかな浜辺で、yogiboに座ってのんびりBBQ

宿泊

奄美大島 他では味わうことのできない素敵な民泊 -伝泊 奄美-

伝泊奄美

「伝泊」という新しい離島の魅力を体験できる宿。

コンセプトは「島で暮らすように泊まる」

『伝泊』とは、奄美大島出身の建築家・山下保博さんが手掛ける宿。

「伝統的・伝説的な建築と集落と文化」を次の時代に伝えるための宿泊施設。

古民家や伝説的なストーリーを持つ建物を選び、「もとの姿に戻す」ことに重点を置いています。

古き良きものを残し、きれいにリノベーションされた建物は、温かみがあり、心安らぐ懐かしい雰囲気を醸し出しております。

今回は奄美大島にある『伝泊』シリーズの宿をご紹介します。

伝泊 港と夕陽のみえる宿

小さな漁港のそばに建つ「港と夕陽のみえる宿」は、記念すべき「伝泊」最初の宿。
しまの人たちの生活の息吹を感じながら、暮らすように泊まる「伝泊」らしさが詰まった一軒です。
庭に植えられたバナナやタンカン、パパイヤが島の季節を知らせてくれます。
宿の前に広がる夕焼けは感動的。
地元で立神(タチガミ)と呼ばれる三角岩も見られます。

伝泊 水平線と朝陽の宿

エントランスの緑生い茂る生垣が印象的な「水平線と朝陽の宿」
目の前には、水平線から昇る朝陽が得も言われぬ美しさで、朝、目を覚ますのが楽しみな宿。
海を望むテラスで潮風に吹かれながら、ハンモックに横たわったり、グラスを傾けたり、思い思いの時間をお過ごしください。

伝泊 高倉のある宿

広々と風通しのよい空間で心ゆくまでのんびりと集える、今ではあまり見かけなくなった伝統的な茅葺の高倉のある宿。
高倉の屋根の下にはテラスのようなくつろぎスペースがあり、食事やお茶をゆっくりと楽しめるのがなによりの魅力です。
母屋も広々として風通しがよく、とても心地よい空間が広がっています。

サンゴ石垣と庭木の宿

サンゴ石垣と庭木の宿

代々丁寧に剪定が続けられてきたクロトン、ソテツなどが生える南国らしい庭木からは、ここに暮らしていた人々の歴史も感じられます。
また、小さな集落だからこそ透明度が高い海も近く、夜に浮かぶ鮮明な星空では、流れ星を見ることも難しくありません。
ゆったりお寛ぎいただくためのYogiboやプロジェクターも置かれ、「伝泊 古民家」シリーズの中でもワンランク上の宿を目指しました。
豊かな鳥のさえずりや、風に乗って届く庭と山のさざめきを感じるような、ゆったりと流れる島時間をご堪能いただけます。

伝泊 アダンと海みるの家

海岸線に沿って、奥へ奥へと車を走らせたところ、秘境ともいえる場所に立つ宿。
周囲には民家もなく、町の喧騒から完全に切り離されて、場所も時間も忘れてしまいそうな別世界が広がります。
目の前はどこまでも続く海。建物の周囲をアダンやソテツ、グアバなど奄美らしい木々が囲みます。

伝泊 小路ぬける砂浜の宿

寝ドコロが1室のこぢんまりとした宿ですが、裏庭の脇の小路を抜けると、眩いばかりの白砂のビーチが広がり、開放感たっぷり。
湾内のため比較的波も穏やかで、人もほとんどいないのでプライベートビーチ感覚で楽しめます。
晴れた日にはテーブルやイスを並べ、海を見ながらの食事も。
満天の星々の下、ロマンチックなひと時が流れていきます。

伝泊 風抜ける川辺の宿

伝泊 風抜ける川辺の宿

白を基調とした爽やかな室内は、大きなテラスや広い裏庭へとつながり開放感抜群で、川からの心地よい風が吹き抜けます。
ここでの楽しみは、屋根付きのテラスでまったりとくつろぐ時間や、鳥のにぎやかな声で目覚める朝。海岸まで5分なので、早く起きて浜辺を散歩したり、テラスでコーヒーを飲んだり、旅でしか味わえない、ゆっくりとした時間を。また、ペットの宿泊も可能です。ペット用アメニティ(食器・トイレシートなど)も完備し、ドッグランのような裏庭で思い切り遊ばせたり、部屋で一緒に過ごすことも可能です。

伝泊 はたおり工房のある宿

この土地に古くから伝わる「はたおり機」のある宿。
集落に住む機織りの専門家からはたおりを習い、長く滞在しながら、作品づくりに取り組むことができます(※機織り体験は、現在行っておりません。)
玄関が2つあり、工房と生活スペースに仕切って創作活動に没頭することも。3室ある寝ドコロのうち、2室が和室、1室は洋室です。
グループのご利用にもおすすめです。

伝泊 リリーの家(加計呂麻島)

加計呂麻島の中心、諸鈍という集落に位置する「リリーの家」は、映画『男はつらいよ 寅次郎紅の花』の舞台となった家。
寅さんとマドンナのリリーが一緒に暮らしたことから、今でも「リリーの家」と呼ばれ親しまれています。
フェリー港から近く、周辺には公園、レストランやカフェなどがあり、ビーチも目の前という好立地。
宿の前の通りはデイゴ並木になっていて、5〜6月にはデイゴの花が通り一面を赤く染めます。
寅さんの世界にタイムスリップしたような、のんびりとした懐かしい空気感に浸ってください。

伝泊 海みる屋根の宿(加計呂麻島)

移ろいゆく海の美しさを24時間満喫できる宿。
目前は白砂のビーチ、裏手には生垣の美しい集落があります。
屋根の上の広縁に寝そべって、海や空を見ながら、至福のひと時をお過ごしください。

伝泊 しまゆらう縁の宿(加計呂麻島)

しまゆらう縁の宿

集落の入り口にほど近い「しまゆらう縁の宿」。
この宿の縁側からは、集落の象徴である綺麗に透き通った海を眺めることができます。
遠くに望む水平線からは朝日がのぼり、幻想的な朝を迎えられることでしょう。
人々がゆらうテラスと、ゆったりお寛ぎいただくためのYogiboやプロジェクターもご用意。
豊かな鳥のさえずりや、風に乗って届く波のさざめきを感じるような、ゆったりと流れる島時間をご堪能いただけます。

伝泊 素と露天の宿(加計呂麻島)

素と露天の宿

小屋組と杉野地板が綺麗に残る「素と露天の宿」。
伝泊初の半屋外の露天風呂をご用意いたしました。きっと、奄美の大自然の中での非日常の体験が味わえることでしょう。
昔の人々の暮らしぶりに思いを馳せながら、歴史の流れにしばし身をゆだねる…
”新しくて懐かしい”「伝泊」の雰囲気を満喫しお過ごしください。

伝泊 The Beachfront MIJORA

【住所】〒894-0513 鹿児島県 奄美市笠利町外金久亀崎986-1  【TEL】0997-63- ...

-宿泊
-,