名瀬 観光

【中心部方面】歴史・文化 名瀬 観光

田中一村終焉の家

奄美の自然に魅せられ画家として生涯最後の作品に取り組む決意で奄美大島に移り住んだ一村が最晩年に住んでいた木造平屋の家が現在の場所に移築さております。 長年住んだ借家からこの家に移った一村は、ここを御殿のようだといってとても喜び、新たな創作意欲を燃やしていたといいます。 家の中を見ることはできませんが、外観は当時そのままに残されており、田中一村の絵に魅了された方はぜひ訪れていただきたい場所です。 一村の命日9月11日には毎年有志によって、この家の前で「一村忌」が行われています。 田中一村は50歳の時に南の島 ...

【中心部方面】展望所 名瀬 観光

大熊展望広場/展望台

名瀬中心街から程近い場所に見晴らしの良い展望台『大熊(だいくま)展望広場』があります。 大熊展望台からは名瀬港や名瀬市街を一望することができ、夏頃のシーズンは水平線に沈んでいく夕日を見ることもできる、絶好のロケーションとなっております。 大熊展望広場のシンボルともいえるガジュマルも見事。 ベンチなども設置されているので、ゆっくり名瀬市街を眺めながら時間を過ごすのもできます。 駐車場もきれいに整備されており、車を降りてすぐの場所で名瀬市街を一望できるので、名瀬に滞在予定の方には是非おすすめしたいスポットです ...

【中心部方面】海岸 名瀬 観光

大浜海浜公園

名瀬市街地から車で約20分ほどの場所にある大浜海浜公園。 青い海と白い砂浜は、日本の渚百選・日本の水浴場55選にも選ばれたことのあるビーチです。 地元の人たちに親しまれ、海水浴シーズンともなれば観光客も含め多くの人々で賑わいます。 画像素材:PIXTA 画像素材:PIXTA また、東シナ海に沈む夕日が絶景。季節や天気・時間帯によって様々な光景を楽しめるのも人気の理由。 大浜海浜公園はビーチだけではなく、ステージ広場やキャンプ場・BBQレストラン・売店・奄美海洋展示館などさまざまな施設があり、海水浴以外の目 ...

【中心部方面】山岳・滝 名瀬 観光

金作原原生林

奄美大島の山々の中でも、天然の亜熱帯広葉樹が今もなお多数残っている金作原きんさくばる原生林。 生きた化石といわれる巨大なヒカゲヘゴなどの亜熱帯植物が茂り、国指定天然記念物のルリカケスやキノボリトカゲなど、稀少な生物も生息しています。 緑の間から差し込む陽光が神秘的で、森へ一歩踏み入れれば、まるで映画のワンシーンにタイムスリップしたような景色が広がります。 ちなみに金作原原生林はかつて映画『ゴジラ』のロケ地となった原生林でもあります。 2019年2月以降、設定エコツアーガイドの同行等をお願いする利用ルールの ...

【中心部方面】展望所 【中心部方面】山岳・滝 名瀬 観光

おがみ山公園

奄美市役所やアーケード商店街すぐ近くの名瀬中心街を一望できる公園。 おがみ山は古くから島民の聖林・信仰の対象として、今もなお名瀬のシンボルとして島民に親しまれております。 おがみ山へ上る入り口から上にある展望公園までは坂道ですが、整備されているので、鳥のさえずりや植物を眺めながらのんびり上ることができます。 画像素材:PIXTA 展望広場へ到着する途中には、復帰記念広場があり、そこには復帰記念碑と奄美日本復帰の父「泉芳朗」の胸像と詩碑があります。 おがみ山展望広場までは徒歩15分程度。 展望広場まで辿り着 ...

【中心部方面】海岸 名瀬 観光

朝仁海岸

朝仁集落奥にある名瀬市街地から10分程度で行くことのできる海岸。 名瀬に宿泊予定の方には気軽に行くことができ、夕日を眺めることができます。 また、ツアー会社『Amanico(アマニコ)』主催でSUPなどのアクティビティを楽しむことができます。 朝仁海岸への行き方 Google MAPルート案内(奄美空港〜朝仁海岸) 基本情報 場所:〒894-0043 鹿児島県奄美市名瀬大字朝仁 アクセス:奄美空港から車で約48分/名瀬新港から車で約7分 駐車場:駐車スペースあり トイレ:あり 周辺観光スポット この施設に ...

名瀬 観光 黒糖焼酎蔵元一覧

合資会社弥生焼酎醸造所

老舗中の老舗。大正11年創業の奄美大島で最も古い蔵元。 黒糖焼酎の製造から瓶詰め工程を見学することができます。 弥生焼酎醸造所 代表銘柄 弥生 熊本国税局平成26年酒類鑑評会優等賞受賞 昔からの焼酎らしい黒糖焼酎。 常圧蒸留により引き出される旨味と香りをお楽しみ下さい。クリアな口当たりと、ノドに残るインパクトが特徴となっております。 まずは、ロックで味を確かめて下さい。 麹菌:白麹 蒸留方法:常圧蒸留 貯蔵方法:タンク 貯蔵期間:1~2年 アルコール分:25度/30度 黒糖焼酎 弥生 やよい 25度180 ...

名瀬 観光 黒糖焼酎蔵元一覧

株式会社西平本家

大正14年創業の老舗。蔵に伝わる独自な製法で正統派黒糖焼酎を作り続ける蔵元。 黒糖焼酎に対するこだわり、想い・情熱を見学することができます。 西平本家 代表銘柄 せえごれ せえごれは、穏やかでほんのりとした黒糖の甘い香りがあり、無ろ過仕上げによる濃厚で旨みのあるトロリとした味わいが特徴です。 ロックはもちろん、お湯割りやソーダ割りにもぴったりです。 普段の日常酒として、一日の終わりに、ゆったりとのんびり味わうのにふさわしいお酒です。 「せえごれ」のラベルに描かれた題字とイラストは、歌手 元ちとせさんが描い ...

名瀬 観光 黒糖焼酎蔵元一覧

奄美伝承蔵 渡酒造株式会社

1953年(昭和28年)奄美大島が本土復帰から続いた前身の蔵の伝統的な甕(かめ)仕込み・常圧蒸留などのこだわりの製法を継承し、守り続けています。 歴史ある蔵の伝統を継承しつつ、蔵人の若くて熱い情熱をプラスした蔵元。 工場見学では、代表銘柄の試飲と熱い想いをいただくことができます。 奄美伝承蔵 渡酒造 代表銘柄 六調 かめ仕込み・常圧蒸留という伝統的なつくりにこだわりながら、その伝統を継承した若い蔵人のエネルギーと感性が注入された新たな香味も実現させ、温故知新の想いを込めた長期熟成酒の黒糖焼酎。 あまみ六調 ...

名瀬 観光 黒糖焼酎蔵元一覧

西平酒造株式会社

製造方法は昔ながらの三段仕込み。 蔵の伝統的な製造工程を守りつつ、女性杜氏の新しいチャレンジが注目の蔵元。 昔ながらの伝統的な製造工程と新たなことに挑む女性杜氏のお仕事を見学することができます。 西平酒造工場には、70名程度収容可能なコンサートホール「蔵ふと村酒造ホール」も隣接。 また、奄美市の商店街に黒糖焼酎の魅力を発信するため、アンテナショップ「KANA du NISHIHIRA-​カナドニシヒ-」も運営しております。 西平酒造 代表銘柄 珊瑚 熊本国税局酒類鑑評会 優等賞受賞 2016年春季全国酒類 ...

© 2020 奄美旅