来島の際は、マスク着用等、感染症予防に十分ご配慮くださいますようお願いいたします。「島旅のしおり」のご確認もお願いします。

【加計呂麻島 観光】

加計呂麻島 歴史・文化 生間港 観光

加計呂麻島展示・体験交流館

平成31年4月にリニューアルオープンした『加計呂麻島展示・体験交流館』 館内は加計呂麻島の歴史や伝統芸能を知ることのできる展示室やお土産店・カフェ・休憩スペースなどがあります。   今回リニューアル展示室では、民具を展示したほか島内の伝統芸能を鑑賞できるモニターや民俗をテーマにしたノロの祭祀装束を設置しております。 また、国指定重要無形民俗文化財の諸鈍シバヤでは、紙面(カビディラ)や踊り手を表現した人形を展示し、演目の説明パネルを設置しております。 シアタールームでは、島内案内・諸鈍シバヤの映像 ...

【加計呂麻島 観光】 加計呂麻島 海岸 瀬相港 観光

佐知克ビーチ/佐知克海水浴場

瀬相港から約20分の佐知克さちゆき集落にある海岸『佐知克ビーチ』。 画像素材:PIXTA 新しくトイレ・シャワー・更衣室を完備した海水浴場となっております。 遠浅で透明度が高く、とても美しく静かなビーチ。   佐知克海岸近くには製糖工場もあり、ここでは作ったばかりのキビ酢や黒糖を購入することもできます。 西田製糖工場見学 ※西田製糖の製糖は12月中旬~5月上旬ぐらいまで。最盛期の1月下旬~3月末までが週2回、そのほかは週1回ほど。きび酢工場は一年中見学可。 見学希望の場合は問合せして要確認。 【 ...

【加計呂麻島 観光】 加計呂麻島 海岸 生間港 観光

徳浜ビーチ/徳浜ラグーン

加計呂麻島の生間港から車で約20分の場所にある徳浜とくはまビーチ。『徳浜ラグーン』とも言われております。 外海に面する浜辺が広がる徳浜ビーチはウミガメが産卵に来ることもあるほどの美しさ。 星砂やサンゴや貝殻・シーグラスもいっぱいあり、小さなヤドカリと出会うこともできます。 海中の岩陰には熱帯魚の姿を見ることもできます。 徳浜ビーチ左側の岩場には徳浜名物『ライオン岩』もあります。 画像素材:PIXTA 映画「男はつらいよ」のロケ地にもなっている海岸。   トイレやシャワーなどの設備も整っているため ...

【加計呂麻島 観光】 生間港 観光

諸鈍のデイゴ並木

諸鈍のデイゴ並木は、最も古い木は樹齢300年余りといわれ、開花期の5月ごろには深紅の花が海岸線を染める観光名所。 巨木が立ち並ぶデイゴ並木の風景は圧巻で美しく、映画「男はつらいよ」のロケ地としても知られております。 諸鈍のデイゴ並木の側には今も撮影で使われた家『リリーの家』が宿泊施設として利用されています。   諸鈍のデイゴ並木を赤く染め上げる真っ赤な花は一年に1週間という短さ。 画像素材:PIXTA 開花時期以外にもデイゴ並木と目の前の諸鈍長浜に沈む美しい夕景を見ることができるスポットとしても ...

【加計呂麻島 観光】 瀬相港 観光

於斉のガジュマル

加計呂麻島の於斎おさい集落にとても大きなガジュマルがあります。『於斉のガジュマル』 「男はつらいよ」のロケ地になった場所で、加計呂麻観光の人気スポットとなっております。 於斉のガジュマルにはターザンロープが設置されていて海の側にあるため、波の音を聞きながら童心にかえったような気分を味わうことができます。 於斉のガジュマルへの行き方 加計呂麻島への行き方 Google MAPルート案内(瀬相港〜於斉のガジュマル) 基本情報 場所:〒894-2235 鹿児島県大島郡瀬戸内町大字於斉589 周辺観光スポット こ ...

【加計呂麻島 観光】 加計呂麻島 海岸 瀬相港 観光

実久ビーチ/実久海岸

加計呂麻島の瀬相港から車で約30分。加計呂麻島の北西部に位置する実久さねくな集落にある海岸、『実久ビーチ』。 2013年の土曜ドラマ「島の先生」のロケ地としても知られる実久ビーチは加計呂麻島を代表する美しい海岸。 地元で“実久ブルー”と呼ばれる青い海は、一目見ただけで訪れた人々を魅了するほどの美しさ。 遠浅の海岸と白い砂浜が長く続く実久ビーチは、加計呂麻島屈指の美しさを誇っています。   ビーチ前には『はまのお店』というマリンアクティビティ を楽しめる道具をレンタルしてくれるお店もあり、海水浴や ...

加計呂麻島 歴史・文化 瀬相港 観光

実久三次郎神社

実久さねく集落入口付近、集落へと降りていく坂道の途中にある神社。 実久三次郎を祀っている神社です。 実久三次郎とは、鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝みなもとのよりとものいとこにあたる人物。 境内には三次郎とその母の墓があります。   基本情報 場所:〒894-2403 鹿児島県大島郡瀬戸内町実久   周辺観光スポット この施設に近い宿泊施設

【加計呂麻島 観光】 加計呂麻島 歴史・文化 生間港 観光

安脚場戦跡公園

加計呂麻島東端にある安脚場あんきゃば集落には、かつて大島海峡内の連合艦隊の泊地を防衛するために軍事施設が置かれていた場所があります。 現在は公園として整備されていますが、今でも弾薬庫や金子手崎防備衛所の建物跡が残っています。 トイレ 駐車場 弾薬格納庫外観 弾薬格納庫内部 金子手崎防備衛所 防備衛所内部 防備衛所内部 天水貯水池 弾薬庫 公園内は広く徒歩のみの移動となりますが、雄大な景色を眺めながら、戦争遺跡を巡ることができます。 砲台跡 Google MAPルート案内(生間港〜安脚場戦跡公園) 基本情報 ...

【加計呂麻島 観光】 瀬相港 観光

武名のガジュマル

加計呂麻島の瀬相港から実久方向へ車を走らせること約10分。 武名たけな集落の中間付近に『武名のガジュマル』と書いた小さな案内板があります。 今回の目的でもある『武名のガジュマル』までは途中、アシャゲ(ノロが祭事を行う神聖な建物)や小川などもある、歴史や自然を感じることのできる小径となっております。 川縁を進んだ先に巨大なガジュマルが現れます。 閑寂な集落の森に佇む『武名のガジュマル』の光景はまさに幻想的で神々しい...。 シマでは、古くから神が宿る木として大切に扱われてきたガジュマル。 少しの時間、そっと ...

【加計呂麻島 観光】 加計呂麻島 歴史・文化 瀬相港 観光

島尾敏雄文学碑公園

太平洋戦争後に純文学者としてその名を知られた島尾敏雄。 戦時中はこの地、呑之浦で海軍特攻隊として駐屯していました。妻となる島尾ミホとの出会いやここでの体験が文学の原点になったといわれております。 そんな島尾敏雄を顕彰し、建立された島尾敏雄の文学記念碑があります。   文学記念碑がある場所は公園として整備されており園内には記念碑のほか、震洋艇の格納豪もあり、震洋艇のレプリカも置かれております。   日本文学大賞をはじめ数々の賞を受賞した島尾敏雄の代表作『死の棘』は映画化もされております。 ...

© 2021 奄美旅