来島の際は、マスク着用等、感染症予防に十分ご配慮くださいますようお願いいたします。「島旅のしおり」のご確認もお願いします。

スポンサーリンク

【北部 コテージ・一棟貸】 笠利町 宿泊

貸別荘 コテージオアシス

奄美空港より車で10分。用安海岸の浜辺まで徒歩10秒の貸し別荘・コテージ。

窓を開けるとそこはもう美しいビーチ!海水浴にマリンスポーツに…とご自由に満喫いただけます。

家財道具一式完備しておりますので、身軽に訪れて奄美大島各地への観光の拠点としても便利にお使いいただけます。

コテージは2DKの一棟貸し。ご家族やグループでご利用いただけます。

基本情報

  • 住所:〒894-0508 鹿児島県奄美市笠利町用安1106-2
  • TEL:090-8838-1953
  • ウェブサイト:https://oasis.amamin.jp/e287182.html
  • 料金(一棟):9800円〜(4名様まで利用)※5名様の場合+1500円
  • 客室:一棟貸し
  • チェックイン:15時〜
  • チェックアウト:11時
  • 設備・サービス:シャワー付きバス・トイレ・エアコン・テレビ・ソファーベッド2台・冷蔵庫・電子レンジ・鍋等調理器具・食器/ポット等の生活用品一式完備
  • 駐車場:2〜3台(無料)
  • 備考:スタンダップパドルボード(4時間:2000円)/BBQセット(1000円/日)

 

周辺観光スポット


崎原ビーチ/崎原海岸

【北部方面】海岸 笠利町 観光

崎原ビーチ/崎原海岸

白い砂浜と透明度抜群のエメラルドグリーンに輝く海が美しい崎原さきばるビーチ。 奄美空港から車で20分弱で到着するとても美しいビーチですが、目的地の崎原海岸に近づく一部の道路がかなり狭いため、運転の苦手な方は少し躊躇してしまうのが難点。 しかし、その狭き道路を通り抜けた先には、真っ白な砂浜にエメラルドグリーンに輝く海が目の前に広がってきます。 道路事情や周囲に観光客向けの施設が充実していないため、利用客も少ない穴場的なスポットとなっております。 白い砂浜がパウダー状で手触り最高!の崎原ビーチはプライベートビ ...

続きを読む

【北部方面】海岸 笠利町 観光

打田原ビーチ/打田原海岸

奄美空港より車で約17分。 サンゴ砂利とパウダー状の白い砂と青い海のコントラストが美しい穴場の海岸、打田原うったばるビーチ。 湾内なので波も穏やかでとてもきれいなビーチ。美しさのわりに人気も少なく、プライベートビーチ感覚で楽しめるおすすめのビーチです。 シャワー・トイレ・駐車場もちゃんと整備されているので、安心して海遊びを楽しむことができます。 人混みを避けのんびりとビーチで過ごしたい方には、打田原海岸はおすすめです。 打田原ビーチへ車で行く場合 Google MAPルート案内(奄美空港〜打田原ビーチ) ...

続きを読む

【北部方面】海岸 笠利町 観光

佐仁海岸

奄美大島の最北部、美しい夕日に出会うことのできる佐仁さに集落。 ここは、島の伝統的な郷土芸能・八月踊りが今もなお大切に受け継がれている集落で、「佐仁の八月踊り」は、鹿児島県の無形民俗文化財に指定されています。 集落にある佐仁海岸は、東シナ海側に面しており、珊瑚礁による天然の浅瀬に恵まれています。 浜辺には、白い砂浜と貝殻。 長閑で美しい海岸と水平線に沈む夕日を眺めることのできるスポットとなっております。 基本情報 場所:〒894-0627 鹿児島県奄美市笠利町大字佐仁89-5 駐車スペース:あり 周辺観光 ...

続きを読む

【北部方面】歴史・文化 笠利町 観光

崎原サウチ遺跡

奄美諸島に弥生文化が定着していたことが明らかになった最初の遺跡。 崎原サウチ遺跡は、昭和52年(1977年)に旧笠利町教育委員会が発掘調査を行い、遺跡からは種子島・広田遺跡から出土したトウテツ紋貝符と同様の貝符がされ、その後沖縄・清水貝塚でも同様の貝符が出土されたため、貝符を伴う弥生時代相当期の範囲が種子島から沖縄であることがわかった。 崎原サウチ遺跡の出土遺物は、笠利町歴史民俗資料館に保管され、一部は展示しており実際に見ることができます。 崎原サウチ遺跡の行き方 Google MAPルート案内(奄美空港 ...

続きを読む

笠利町 観光

前肥田のガジュマル 奄美一の巨大ガジュマルの木

奄美一の巨大ガジュマルの木 笠利町前肥田集落にある、『前肥田のガジュマル』。 樹齢400年とも言われる巨大なガジュマルは、まさに圧巻!! 前肥田集落にあるガジュマル並木は、今から100年程前に畑や家畜を守るための防風林として植樹したもので、奄美市一集落一ブランドともなっております。 一帯はガジュマル並木となっており、とても幻想的で、すごいパワーをいただけるような雰囲気を醸し出しております。 観光客にも人気の美しい海岸『崎原ビーチ』に程近い場所ながらも、意外と知られていない穴場スポット。 ガジュマル並木を散 ...

続きを読む

【北部方面】展望所 笠利町 観光

あやまる岬

あやまる岬は奄美大島の最北端に位置する奄美市笠利町の北東部にある奄美十景、新鹿児島百景にも選ばれた岬。 こんもりとした丸い地形が綾に織りなす「まり」に似ていることからその名が付いたと言われております。 晴れた天気の良い日は東の水平線に喜界島を眺めることができます。 2018年には、海を一望できる高台にカフェ併設の観光案内所『あやまる岬公園観光案内所』も完成し、地元の方や観光客が気軽に訪れ、ゆっくり寛ぐこともできるようになりました。 目次1 あやまる岬2 あやまる岬観光公園3 あやまる岬展望台4 ソテツジャ ...

続きを読む

【北部方面】海岸 笠利町 観光

土盛海岸

奄美空港から車で約6分、白い砂浜とエメラルドグリーンの美しい海を満喫できる土盛ともり海岸。 地元ではブルーエンジェルとも呼ばれています。 土盛海岸の美しさは奄美大島の中でもトップクラスで、アクセスの良さとその美しさで観光客にも大人気のスポットとなっております。 土盛海岸はリーフに囲まれた遠浅なので、浅瀬では砂地が多く、海水浴やシュノーケリングを楽しむことができます。 また、浅瀬から徐々に沖へ進むとサンゴ礁が広がっており、干潮時になると潮だまり(タイドプール)ができ、かわいいお魚たちを見ることもできます。 ...

続きを読む

【北部方面】海岸 笠利町 観光

大瀬海岸

奄美空港近くにバードウオッチングを楽しむことができる海岸・大瀬海岸があります。 大瀬海岸は、奄美大島の北東に位置する海岸で、奄美空港からあやまる岬方面へ向かう途中にあにあります。 車で約5分くらいの場所にあるため、少しの時間で気軽に立ち寄ることのできる海岸です。   奄美大島は、季節の渡り鳥が北上・南下する際の重要な中継地点となっております。 中でも前田川河口に群生するヨシ類の植物と干潟、発達したリーフが広がる大瀬海岸にはゴカイや小魚が豊富で、野鳥にとっては楽園。そのため、大瀬海岸では約120種 ...

続きを読む

【北部方面】展望所 笠利町 観光

蒲生崎観光公園/蒲生神社

笠利町の北西部に東シナ海を望むことのできる展望台のある公園・『蒲生崎がもうざき観光公園』があります。 蒲生崎観光公園にある展望台からは笠利町・龍郷町一帯を望むことができ、晴れた日には遠くトカラの島々も見ることができます。 蒲生崎観光公園は奄美空港から車で約25分、笠利地区の中でも高地の場所にあります。 目次1 蒲生崎観光公園2 蒲生神社3 蒲生崎観光公園 展望台4 蒲生崎観光公園への行き方 蒲生崎観光公園 奄美大島には、壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平氏の残党が落ち延びてきたという平家伝説が残っています。 こ ...

続きを読む

【北部方面】海岸 笠利町 観光

赤木名海岸

地元でも有名な美しい夕日を眺めることのできる『赤木名海岸』 奄美空港から約10分ほどの赤木名あかきなという場所にあります。 白く美しい砂浜と遠浅の海が続く赤木名海岸は、夕日鑑賞だけでなく海水浴で訪れる人も多い海岸です。 赤木名海岸には、駐車場のほかトイレ・シャワー室も完備しており安心して海水浴を楽しむことができます。 トイレ・シャワー室に関しては、奄美市シルバー人材の方々が、毎日1回清掃に訪れ、常に清潔な環境を整えるよう心がけております。 赤木名海岸には、展望台も設置されており、展望台からは目の前に広がる ...

続きを読む

【北部方面】展望所 笠利町 観光

笠利崎灯台(用岬)

奄美大島の最北端に吹き抜ける海風を感じながら大海原を眺めることができるスポット・笠利崎灯台があります。 笠利崎灯台は奄美空港から車で約20分。県道601号線を北へ進むとたどり着くことができます。 笠利崎灯台は笠利町用集落の岬にあるため、地元では用岬灯台と呼ばれ、親しまれています。 笠利崎灯台は奄美近海を通る船にとって重要な役割を果たしており、昭和37(1962)年3月31日から点灯しているそうです。 灯台のある山を登れば、目の前に広がる広大な太平洋を一望することができます。 笠利崎先端の標高67mにある灯 ...

続きを読む

【北部方面】施設 【北部方面】歴史・文化 笠利町 観光

奄美パーク

奄美の観光拠点施設『奄美パーク』 奄美パークは2001年、旧奄美空港跡地に開園された施設で、奄美空港から車で約5分の場所にあります。 園内には『奄美の郷』と『田中一村記念美術館』の2つの施設と奄美パーク周辺を一望できる展望台があります。 目次1 展望台2 奄美の郷2.1 総合展示ホール2.2 奄美シアター2.3 アイランドインフォメーション3 田中一村記念美術館4 奄美パークへの行き方5 奄美パークへバスで行く場合 展望台 画像素材:PIXTA 奄美パークにある展望台では、園内の全貌を眺めることができ、近 ...

続きを読む

【北部方面】展望所 笠利町 観光

明神崎展望台

奄美のリゾートビーチとして有名な用安海岸や大きな珊瑚礁が広がる土浜海岸が一望できる展望台『明神崎展望台』 奄美空港から名瀬方面へ車を走らせると、右手に『原ハブ屋』の看板や『土浜展望所』があります。そこから少し坂道を走り抜け下りに差し掛かった辺りに、小さな看板が左手に見えてきます。 小さな看板で見過ごしてしまいがちなので要注意! 案内板に従って車を走らせると明神崎展望台の駐車場が見えてきます。 駐車場から展望台までは徒歩で約10分ほどかかります。舗装はされているものの急勾配な坂道なので少し体力を使いますが、 ...

続きを読む


この施設に近い宿泊施設


【北部 ゲストハウス・民宿・ペンション】 笠利町 宿泊

Blue Light Amami ブルーライト奄美

マリンスポーツを楽しめる用安海岸に面した1Rマンションタイプの6室のみの宿泊所。 基本情報 住所:〒894-0508 鹿児島県奄美市笠利町大字用安1246-5 アクセス:奄美空港から車で約10分 TEL:0997-69-4958 ウェブサイト:https://bluelightamami.com 料金:Aタイプ(定員2名)24200円〜/Bタイプ(2名利用時)28600円〜/Bタイプ(3名利用時)36300円〜 ※ハイシーズン料金(7月25日~9月30日):3000円/1名 客室:6室 設備・サービス:エ ...

続きを読む

【北部方面 リゾートホテル】 笠利町 宿泊

伝泊 The Beachfront MIJORA

海と空がつながり、人と自然とが呼応する 奄美大島の海辺に佇むビーチフロントヴィラ   奄美の海と空と砂浜がひとつに溶け合う、地上の楽園。 アジアンリゾートを知りつくした奄美出身建築家がつくりあげた、極上の空間。 大きな自然とアートに包まれる、心静かな非日常。   『伝泊 The Beachfront MIJORA』 は、建築家・山下保博氏が手がける「伝泊」シリーズの中で唯一、改修ではなく新たに建てられた、新築のビーチフロント・ヴィラです。 奄美の伝統建築である高倉と、奄美の浜辺で良く見 ...

続きを読む

【北部 コテージ・一棟貸】 笠利町 宿泊

HOLLY CAMP

非日常を堪能するオーシャンフロントに佇む1組限定の宿。 出典:「一休.com」 出典:「一休.com」 出典:「一休.com」 南風の渡るテラスからエメラルドグリーンに輝く海を一望し、快適にリストアされたヴィンテージキャンピングトレーラーに泊まる。 出典:「一休.com」 出典:「一休.com」 出典:「一休.com」 誰にも邪魔されない、広々とした空間のテラスでは、美しいサンセットや空いっぱいに広がる天の川、降り注ぐ満点の星空を眺めることができます。 出典:「一休.com」 【星空シネマ】 自分たちだけ ...

続きを読む

【北部方面 リゾートホテル】 笠利町 宿泊

奄美リゾートホテル ティダムーン

奄美空港より車で約6分ほどの場所にある『THIDAMOON-ティダムーン-』 高台に建っているため、ホテルから太平洋を見下ろすことができます。 その美しい景色はまさに絶景。 解放感に満ちたオーシャンビューのお部屋から眺める紺碧の海と青い空。 聞こえてくる波の音を全身で感じながら、ゆっくりと寛げる空間をご堪能いただけます。 朝食は新鮮な島食材にこだわった手作りの健康・島朝食、夕食は島会席やイタリアンをいただけます。 2階には、大島紬美術館があり、紬の展示数は奄美大島の中でも有数。 ホテルにはプールやエステ・ ...

続きを読む

【北部 コテージ・一棟貸】 笠利町 宿泊

Villa Funny-ヴィラ・ファニー-

都会の喧騒から抜け出し、まだ未開発の里山・田舎などの自然を求める生活。 美しい奄美の自然と共生し、自然に身を置き、海を眺めながらゆったりと時を過ごせる宿。 奄美空港より車で10分ほどの場所にある宿『Villa Funny-ヴィラ・ファニー-』 奄美大島の人気スポット「ハートロック」も徒歩で行ける距離にあります。 出典:「一休.com」 出典:「一休.com」 Villa Funnyは、地中別荘(underground villa)という奄美大島にはなかった、隠れ家的宿泊施設として観光客に人気の宿。 建物の ...

続きを読む

-【北部 コテージ・一棟貸】, 笠利町 宿泊
-, ,

© 2021 奄美旅