omiyage02

スポンサーリンク

奄美大島 シーズン別 気になる気温と服装

奄美大島の1月・2月の天気と気温や服装は? 奄美旅行に役立つ服装選び

奄美大島の1月・2月の気候

南国奄美!というイメージが強いですが、奄美大島にも冬は訪れます。

強い北風が吹き雨や曇りの日が多く、気温もグッと下がるのでご注意を。

2021年1・2月の平均気温は、1月:14.4度、2月:15.7

最低気温は、1月:7.3、2月:8.4

もちろん、本州の1月と比べれば非常に暖かく感じることは間違いありませんが、北風があることを考慮すれば、体感温度は実際の表示温度よりも肌寒く感じられますので油断は禁物です。

ちなみに、奄美大島は雪は降りません。

2016年に115年ぶりに雪を観測しましたが、ほとんど降らないといっていいでしょう。

しかしながら、時折、あられが降ることはあります。

平均気温も20度を下回っております。それなりの服装を準備する必要があります。

参照:気象庁 【2021年1月データ】

参照:気象庁 【2021年2月データ】

奄美旅行の1月・2月の服装?

参考

  • セーターやタートルネックなど温かい服装。
  • 女性は足元もしっかり防寒対策を!スカートよりズボンが好ましい。
  • インナーにはヒートテックなど温かい素材の肌着を着るのをおすすめ。
  • ジャケットやブルゾン・コートなどしっかりとした防寒対策が必要
  • 首元はマフラー・ネックウォーマー・ストールなど

1月・2月の奄美旅行の楽しみ方

ホエールウォッチング

今ではなんと遭遇率90%以上!!

ザトウクジラは奄美大島へ12月~4月にかけて、交尾、出産、子育てのため温かい奄美の海へやってきます。

ダイナミックなクジラのパフォーマンスを見ることができます。

奄美大島 ホエールウォッチング 奄美の海で遭遇率90%以上!

奄美大島周辺海域ではザトウクジラが毎年冬~春にかけて、交尾・出産・子育てのため温かい奄美の海へやって ...

マングローブカヌー

出典:アクティビティジャパン

奄美大島には西表島に次いで2番目の広さのマングローブ原生林があります。

広さはなんと東京ドーム約15個分!!

このマングローブ原生林をカヌーで楽しむことができます。

奄美大島のマングローブ原生林へ出かけよう!

奄美大島の自然を堪能できるアクティビティといえば、代表的なのが、マングローブ体験。 手つかずのマング ...

希少生物を観察できるナイトツアー

奄美群島一帯にしか生息することのない稀少な生き物を見ることができるツアー。

日本の特別天然記念物「アマミノクロウサギ」に遭遇することもあるかも。

金作原原生林 原生林散策ツアー

『金作原原生林』は、奄美大島の中でも手つかずの亜熱帯植物が多く残っている場所。

ジャングルの中には、生きた化石とも言われているヒカゲヘゴなどの大変貴重な動植物が生息しており、鳥や動物の鳴き声を耳にすることができます。

まるで映画のワンシーンに迷い込んだかのような、そんな体験ができます。

パワースポット散策ツアー

「本当に美しい太陽の滝壺」マテリアの滝・「奄美大島発祥の地」湯湾岳・「精霊の宿る木」ガジュマルを巡るツアー。

奄美大島にはパワースポットもいっぱい。奄美のパワーをもらって、一年の運気をUPさせよう!

ネイチャーガイドツアー 奄美大島の自然に触れる!

奄美大島は太古の昔、大陸から孤絶してできた島。島に残された生物たちには天敵がいなかったため、現在もこ ...

奄美大島のおすすめ観光スポット 必ず訪れたい人気スポット14選!

奄美大島旅行で定番の有名観光名所 おすすめ人気スポット14選! 初めて奄美旅行に行かれる方に、迷わず ...

イベント

出典:奄美市

1月5日は紬の日。

「紬の日」のつどいが開催され、シマ唄・ファッションショー・餅つき・振舞焼酎、紬大行進・八月踊り・お楽しみ大抽選会などのイベントがあります。

この時期に旅行の際はぜひご参加ください !!

食べ物

  • 毎年2月1日は、奄美大島では、「たんかんハサミ入れ式」が行われます。2月はタンカンの収穫シーズン!!

たんかんは奄美大島で作られているみかんと同じ柑橘系の果物。奄美の国内シュアはなんと約8割

みかんと違って、皮は硬く少しむきづらいのですが、糖度は柑橘類の中で一番高いそうです。

とってもみずみずしく甘くて美味しいので、この時期に訪れす際はぜひご賞味ください。

また、お土産はもちろん通販でも取り寄せができます。

1月~3月はさとうきびの収穫期。

さとうきびを積んだトラックを島のあちこちで見かけることができます。

黒糖工場では黒砂糖の製造工程を見学できるところもあるのでぜひ訪れて見てはいかが。

伊勢海老漁は、資源保護を目的として、産卵期に合わせて5月1日〜8月20日まで、
禁漁期間に設定されておりますが、解禁時期の8月21日〜4月30日(約8ヶ月)の間、
漁業権をもっている漁師さんのみ漁を行なっております。

1・2月は解禁時期なので、奄美大島では活きのいい新鮮な伊勢海老をいただくことができます。

奄美大島で獲れたての新鮮な伊勢海老が食べれるお店 10選!

奄美大島の伊勢海老は、最高です!! とれたて新鮮の伊勢海老。 活きた刺身・ボイル焼き・伊勢海老の出汁 ...

1月・2月の奄美旅行の残念な点

・寒い。

-奄美大島 シーズン別 気になる気温と服装